のべる出版企画

トップページ 新刊書籍 既刊書籍 お問合せ

矢田山 聖子


女人まんだら
「女人まんだら 
  縄文のいのち 六話」

 
縄文の息吹を甦らせるこの一冊!
 二十一世紀は、人間も企業も、政治も、すべて血の通った革新によってしか、よりよく生きられないのだと実感しました。それは前に進むよりも、過去の知恵や原始エネルギーをよみがえらせることが必須のように思えてなりません。

(著者あとがきより抜すい)

  




著 者 矢田山聖子
発 行 2001年6月
定 価 1400円+税
頁 数 204