のべる出版企画

トップページ 新刊書籍 既刊書籍 お問合せ

陽羅 義光


四国遍路考
「世紀末の虎」

陽羅義光は哭きながら書きつづける。涙色のインクでお伽話を紡ぎだす。哀愁で筆を磨いているのだ。
「悲しき羔」「ヨコスカ」
「極楽寺坂切通し」「河畔の風景」「悲しみの頭」の5編を収録



著 者 陽羅 義光
発 行 1998年9月
定 価 1800円+税
頁 数 234
水恋譚
「水恋譚」

昨年頃から夫の様子が変になった。プールで、まるで自殺の予行演習をしているようなこともあった。そんな時、私は主人の母の死にまつわるある事実を聞く。
吉永小百合と亡き母に捧げたこの一冊。幻の傑作・完全版。第1回全作家文学奨励賞受賞作「門前雀羅」併録。



著 者 陽羅 義光
発 行 1997年7月
定 価 1400円+税
頁 数 237